2019年2月11日開設 「dad-cook.jp  ~共働き家族のパパ料理~」  ・・・パパの料理で共働き家族を幸せにして、パパの自己実現、パパの趣味の世界を広げるお手伝いをします!

「パパ☆ハンバーグ」絶品 子どもに大人気のハンバーグはパパの料理♪

こんにちわ、共働き家族のパパ料理を応援する「dad-cook.jp」のジュンイチです。

家族が幸せになればパパも幸せ。

パパ料理を通じて家族を幸せにすれば、パパのキャリアや自己実現、趣味の世界を実現へ近道になりますよ!

 

ハンバーグって子供に人気の定番料理ですよね。

 

そんな我が家のハンバーグ担当はめでたくパパとなりました。

 

やっぱり、手で力強くこねる作業がおいしくするのかもしれません(^_-)-☆

 

ハンバーグなら冷凍しておけば1~2週間持ちますし、お弁当に持っていくこともできますよ。

 

(我が家は節約と健康のためになるべくお弁当にしていますが、こうした作り置きのご飯をお弁当に回すんです)

 

それでは作り方をご紹介。

パパ☆ハンバーグ

分量:6人前
調理時間:45分
調理器具
・ボール(大、中)
・フライパン
・計量カップ
・計量スプーン
・量り
・フライ返し
・バット
・ビニール手袋(調理用)材料
・牛豚合い挽き肉 600g
・玉ねぎ 2個
・バター 大さじ 3
・パン粉 80g(3/4カップくらい)
・牛乳 大さじ 3
・卵 2個
・塩 小さじ 1/2
・コショウ 少々
・サラダ油 大さじ 1
1.玉ねぎを炒める
飴色玉ねぎ① 玉ねぎ2個をみじん切りにします。
② フライパンにバターを溶かします。
③ みじん切りにした玉ねぎを飴色になるまで炒めます。
④ 炒めた玉ねぎをバットにうつして冷まします。
2.材料をまぜる
材料をこねる①下記の材料をボール大にすべていれます。
・牛豚合い挽き肉 600g
・パン粉 80g(3/4カップくらい)
・牛乳 大さじ 3
・卵 2個
・塩 小さじ 1/2
・コショウ 少々
②ビニール手袋をしてよく混ぜます。
※混ぜすぎると固くなりますし、足りないとボロボロに、、
目安はぐーぱーを40回、ぐるぐるを30回程度

3.ハンバーグを成型する成型したハンバーグ

①ハンバーグを手のひらの半分くらいの分量をとって成型します。
ハンバーグの成型
②両手でタネを軽くたたきつけるようにして、中の空気を抜きます。
③俵型にしたら、少し薄く延ばし、真ん中を凹まします。
※片方の手だけビニール手袋しましょう
(そうすると、作業途中でも片方の手だけ洗わなくてもいいので便利です。両方にしてしまうと、ハンバーグが形作りにくいです)

4.ハンバーグを焼く
ハンバーグをフライパンにいれる①フライパンにハンバーグを並べます。
※フライパンの大きさによってハンバーグの数が決まりますが、半分ずつ焼いた方が面倒なくていいです。
②中火で片面にすこし焦げ目がつくくらい焼きます。

③すべて裏返したら、弱火にして蓋をして8~10分程度焼きます。
④時間どおりに焼いたら、火が通っているか1本の箸等でハンバーグを指して、出てきた肉汁の色が透明であればOK
※8分たったら焼き具合を見て、調節してください。
※牛豚の合い挽きなので中まで火を通っているか確認のため、ひとつ割ってみましょう。

 

完成パパ☆ハンバーグ

 

ソースは、ハンバーグを焼いた後のフライパンで作ってもいいのですが、作り置きのため第2弾を作ることを考えて、味ぽんにします。

 

つけあわせに、ポテトサラダやにんじんのグラッセ、もしくはブロッコリーを塩ゆでしたものだけでもいいですね。

 

形は少し不格好ですが、絶品の味です。

 

ぜひ、奥様、お子さんにふるまってみてください☆

 

いただきます

パパ☆ハンバーグ
最新情報をチェックしよう!