現在我が家のこざる君による最難関中学受験日記をメインに掲載しています。中学受験には家族の協力が不可欠!パパの役割として栄養満点おうちごはんというのもありですよ!

2020「筑駒・開成」中学受験日記~受験生と「ダニ・ハウスダスト」アレルギーの戦い Part1~

我が家のこざる君はアレルギー持ちです。
ひどいときは鼻水がとまらず、常にずるずる。
朝起きてきた時から鼻水がだらだらと出て、勉強中も常に鼻水をティッシュでかむ。
おかげで集中力も落ちるし、頭がぼーっとして点数も落ちていきました。
こざる君の母親も重度のアレルギー体質。
重度の花粉アレルギーなので、よく春になる前にアレルギー注射をしてもらってなんとかしのぐという状態。
これは遺伝かと思い、我が子も花粉アレルギーなんだろうと思っていました。
しかし、少し時期がおかしい。
本来、花粉なら春先にかけて鼻水が出始めます。
しかし、我が家のこざる君はどちらかというと夏前のじめじめとした時期に鼻水が出はじめるのです。
かくいうこざるの父親こと私は花粉アレルギーをもっていないので、まったく花粉の時期ということに気づかず。
子供のテニススクールの裏に小山がありスギが密生しており、発生し始める2月から3月にかけて、風が吹くとこざるの母親は即行で退散。
子供はなんとか続けていました。
が、これは違ったということがようやく判明。
きっかけはいつも通っている耳鼻咽喉科の薬が効かなくなり、近くの別の耳鼻咽喉科に行ったことでした。
「ダニ・ハウスダストのアレルギー数値が降り切れてますね。花粉はほとんどありません。」
血液検査の結果、なんと「花粉」「ブタクサ」などの植物系には反応しておらず「ハウスダスト」「ダニ」が右に振り切れている
まさに目が点。
これまで通っていた耳鼻咽喉科ではしっかり調べてもらったことはありません。
いつもの耳鼻科では5分診療で、いつもの鼻水を止める薬くらいしか出してくれない。
やっぱり病院選びは大事だと実感。
ようやく原因がわかったところで、「ダニ・ハウスダスト」を家から取り除くべく、方法を聞きます。
もっともいいのは体質を変えること。
アレルギーというのは、ある物質に体が過剰に反応していること。
これは花粉でもありますが、あえて原因物質を体内に入れて、体を慣らさせるというもの。
これは「ダニ・ハウスダスト」でも効くそうです。
ただし、時間はやはりかかる。
1~2年くらいは必要で、その間、あえて原因物質をいれてしまうので少しつらい治療になる。
なので、それは受験が終わってからやりましょうということで、とりあえず反応を抑える薬と、まずは家の原因物質を取り除くことを勧められました。
あ~、この先生は受験のことまで考えてアドバイスしてくれる。
ほんと親身になってくれる先生を見つけることが大事なんですね。
病院をあとにしたその足ですぐに家電量販店にいき、空気清浄機、布団掃除ノズル、布団乾燥機、そして自動掃除ロボット「RULO」を購入。
空気清浄機もかなり大きいものを購入しました。
自動掃除ロボット「RULO」は、我が家が共働きだから購入したものです。
やはり家の中をこまめに掃除するのが一番ハウスダストを除去するいい方法なのですが、共働きでは時間は中々ないですよね。。
特に子供部屋なら毎日のように自動掃除機をかけておけばかなり清潔にできそう。
そしてその結果・・・(続く)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


中学校受験ランキング

2020「筑駒・開成」中学受験日記
最新情報をチェックしよう!