現在我が家のこざる君による最難関中学受験日記をメインに掲載しています。中学受験には家族の協力が不可欠!パパの役割として栄養満点おうちごはんというのもありですよ!

2020「筑駒・開成」中学受験日記~サピックス以外の習い事はどんなところにいつまで行っていた?~

我が家のこざる君の受験日記
今回はこれまでの活動の記録を振り返ります。
こざる君は一応帰国子女。
年長さんから小学1年生までアメリカの公立学校に通っていました。
日本に帰国したのは2年生から。
アメリカにいっているときにも日本語学校には通わず、もっぱら進研ゼミのみ。
なので帰国したときに一番苦労したのは漢字。
しばらくは漢字に苦しめられました。
2年生から戻ってきて、せっかくならと帰国子女アカデミーに毎週土曜日通ってもらいましたが、それも3年生で終了。
その後、公文に通います。
その間、水泳、絵の学校、ピアノ、テニスといろいろなものにチャレンジしました。
最高で、公文2回、ピアノ、テニス、絵の学校と週に5日は習い事があるというときもありました。
が、最終的に5年生まで続いたのはピアノとテニスでしたね。
もちろん4年生からサピックスがはじまったので、あまり時間がとれなくなったというのもありますが。
ピアノは近所の知り合いの家にほんの20分程度、テニスは90分を毎週行っていました。
ピアノもテニスも5年生までという話をしていましたが、テニスはもう少し続けたいということで6年生の夏くらいまでは続けていました。
6年生では週に3回、夜9時までのサピックスなので体力的に不安がありましたが、テニスをすることで気分転換になったのではと思います。
むしろ、もう少し体力をつけてもらう意味で、もっとやってもらってもよかったのかもしれませんね。
我が家は夏でテニスをやめてからはサピックス一筋。
個別塾にいったり家庭教師をつけるということもしませんでした。
そのかわり、親が勉強を見る。
主に妻が見ていましたが、プリントの整理や参考書などすべて妻がそろえて、一緒になって問題を解く。
これで子供のどこが弱点なのかわかるという最強の布陣でした。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


中学校受験ランキング

2020「筑駒・開成」中学受験日記
最新情報をチェックしよう!