現在我が家のこざる君による最難関中学受験日記をメインに掲載しています。中学受験には家族の協力が不可欠!パパの役割として栄養満点おうちごはんというのもありですよ!

2020「筑駒・開成」中学受験日記~問題は難易度順に出題されないから順番に解くのはやめよう!~

この時期、受験校もほぼ決まり、出願もすませて過去問もほとんど解き終わっている状態かと思います。
準備は万全とは言えないものの、あとはこれまでやってきた勉強の復習のみ。
残念ながらいまから自分の弱いところをつぶそうというのは時間切れ。
できるのは補強するくらい。
これからの時間は過去問すらもやりません。
あとはサピックスが出してくる予想問題をひたすら解いて、新しい問題になれること。
冬期講習でこれまでの総復習をしてくれるので、自分の知識の定着を図ります。
我が家のこざる君は相変わらず算数が弱い。
どうしてもいままで解いたことのない問題(この時期そんなものはなくてただ複合されているだけなんですが)を見ると、解き方を混乱するのか違う解き方をしてしまったり、余計なことをしてしまったり。。
読み間違い、早とちりもまだまだ治りません。
また、これまで口を酸っぱくして何度も言っているのは「問題の難易度は問題の出題順じゃないよ」ということ。
こざる君は問題を頭から解いていき、解けるまでその問題に時間をかけてしまう傾向が見られました。
大事なのは、問題を少し解いて難しい、時間がかかると思ったら次にいくことです。
問題の配点はそこまで大きくかわることはない。
難しい問題でも、易しい問題でも5点は5点。
どちらの5点に価値があるわけではないということを理解しなければなりません。
もちろん最上位校ともなるとすべて解けて当たり前という考え方もありますが。。
でもこれは一つの教科に限ったことではなく、合格点というのは4教科すべての合計なので、算数でひどい点数だとしても国語で挽回できればいい!
これは算数でぜんぜん解けなかったというときもあきらめずに次の教科をがんばりましょうというメッセージです。
ここまでくれば、うちの子だけが算数が難しかったと考えるよりも、おそらく全員にとって難しく、平均点は低くなるだろうと予想されますからね。
2020「筑駒・開成」中学受験日記
最新情報をチェックしよう!