現在我が家のこざる君による最難関中学受験日記をメインに掲載しています。中学受験には家族の協力が不可欠!パパの役割として栄養満点おうちごはんというのもありですよ!

2020「筑駒・開成」中学受験日記~地獄の正月特訓を終えて。これを乗り越えたものだけが手にする栄光~

我が家のこざる君、サピックスの正月特訓を終えました。

なんとかクラス落ちをすることなく、中盤をキープ(あ、一度だけ危なかった時があったらしい)

アップダウンはあったものの、なんとか上位クラスにかじりついたそのがんばりをほめてあげたい。

しかし、正月特訓は予想以上に体力をつかったらしく、本日の日課の早朝散歩はおろか、午前中はぼーっとしてまったく集中できず。

本人も「つらかった。。」といっているので、よほどつらかったのでしょう。

正月特訓は12月30日~1月3日、その間1月1日しか休みはありません。

(ちなみに、この1月1日の休みを狙ってほかの塾は難関校別特別コースを実施するそうです。。ほんと受験ビジネスっておそろしいですね。)

この4日間は、クラス昇降ありのテスト続き。

子供たちは実戦さながらのテストを受けさせられ、そしてクラス落ちをするまいと体力と気をフルにつかって挑むわけです。

それもこれも本番のつらさに慣れさせてあげるためではありますが、やはりきつい。

そもそも、正月特訓以外にも冬期講習があるので、冬休みの間、塾がない日は3日間くらいしかありません。

その休みも、ほとんど復習にあてられ、さらには学校の宿題も行う。

そして塾からはテストにあわせて早起きをするようにと言われる。

おそらく、子供たちにとってこの冬休みが一番きつい生活だったのではないでしょうか。

 

それでも、1月からはじまる本番に受かるためなら。

そう。

落ちてしまってはこの努力もすべて水の泡です。

もちろん、この経験は将来糧になることは間違いない。

それにどれだけやっても落ちるときは落ちる。

それでも親としては受からせてあげたい。

ここを乗り越えた先に、このつらさを耐え抜いた先に明るい未来が待っているのであればがんばろう。

と、親と子供は必死にくらいついていきます。

自分はここまでできるんだという経験は、たとえ希望校に受からなかったとしても将来人生の糧になることでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


中学校受験ランキング

2020「筑駒・開成」中学受験日記
最新情報をチェックしよう!